利用限度額は制限がある学生カードローン

利用限度額は制限がある学生カードローン

利用限度額が少なかった(女性/20代)

主婦でも利用できる借り入れがあると知り、夫の許可も得て利用することにしてみました。ちょっとした家具の購入や旅行の時の万が一の際のサポートになるとも思って申し込みましたが、利用限度額が20万円のサービスしか利用できず、少し残念でした。

 

自身に収入がなくて言うのもおかしいですが、夫の収入は十分あったので少し違和感も感じました。専業主婦向けのサービスということで、利用限度額は元々低いのですが、信用情報によっては金額が下がってしまうということは理解していたので、過去に公共料金の支払いが遅れていた事があったのだろうとも思いました。

 

詳しく聞いてみると、夫に利用している自動車ローンと銀行の自動融資のキャッシングがすでにあったことが原因だとわかりました。信頼できる夫で、利用限度額の話をした時にその原因もしっかりと調べてくれました。どうやら総量規制というものに引っかかっているようで、主婦向けの私の利用しようとしたサービスが20万円だとちょうどその総量規制の範囲内になる金額でした。

 

主婦向けのサービスですが、私自身のことだけでなく、夫の借金や借入、信用情報もチェックされるようなので、もし利用するときにはこっそりやらずに許可を得てからの方がよさそうです。もし利用できない場合には、すでに夫に借金があるか、信用情報がよほど傷ついている可能性があり、思わぬ真実を掘り当ててしまうでしょう。

 

お金に詳しい方に聞いてみると年齢が若いと利用できる金額も多少下がってしまうらしく、色々な要因が影響してくるようでした。それでも主婦でも借り入れできるというのは非常にありがたいサービスで、万が一のときにはしっかり活用していこうと思っています。

 

主婦向けサービスは金額が低い

収入がなければ仕方がない

主婦が利用できるというローンは、その提供元に関係なく利用限度額は少ないものです。法律でそうなっているというのもありますが、収入がそもそも少ないか、まったくないのですから仕方ありません。

 

しかし、それでも10万円から30万円程度の借入ができるということなので、せっかくのサービスは有効活用していきましょう。収入がなくて悲観することはなく、配偶者の収入でローンの審査を通過することはできます。一度通過してしまえば、その分の限度額までは借り入れできるようになるので、しっかり工夫して利用してください。全く利用できるサービスがないよりは良い状況なので、利用限度額が少なくても有利な状況を工夫して活用するのが主婦の力の見せどころでもあります。

 

パートで働いてもあまり変わらない場合もある

パートで働いて稼いでも、その金額には限界があります。毎月パートで10万円稼げたとしても1年では120万円くらいまでしかなりません。そのくらいの金額だと、年収の3分の1までしか借り入れできないという総量規制に沿って考えれば40万円までしか借入限度額が設定されません。

 

ぴったり3分の1に設定されることはなく、低めに見積もられるので、結局は30万円か20万円の限度額になってしまうこともあります。もちろん、年間120万円も稼ぎがあれば借金をするまでもなく生活ができますが、借金の目的が他にある場合には、少し工夫して手続きをするようにしましょう。

 

専業主婦でも、兼業主婦でも利用できる借入はあまり差がないと思っていれば、少し他の計画も立てて借り入れを活用できるはずです。

 

少しでも借金を頼らないように

借金はすぐには手が出せないものでも購入できてしまうという非常に便利なサービスです。自動車や住宅の購入、家具の購入でも活用でき、それ以外にも様々な有効利用できる方法があります。しかし、結局は自分のお金で支払うことになるので、借金ばかりに頼ろうとせず、自身のお金で支払いができるように心がけていきましょう。

 

借金で何でも支払っているとその分、余計に金利を支払っていることになるので、負担は少しずつ増えていきます。借金を有効活用できればよいですが、金利の支払いや借金の返済ばかりが増えてしまうような使い方は避けるようにしましょう。